くりっく365 誕生背景

くりっく365の誕生背景

1998年、この年、俗に言う「金融ビッグバン」の規制緩和を受けて外国為替及び外国貿易法(外為法)が改正され、 証券会社や先物取引会社が取り扱いを始め、個人でもFX取引が可能になりました。


その後、政府の提唱する「貯蓄から投資へ」の流れ、ネット環境が急速に普及したこと、 そして投資効率が高い「FX」という商品そのもののにも注目が集まったことなどから、多くの会社で「FX」を取り扱うようになりました。


ただ、当時は取引を規制する法律や監督官庁が整っていなかったため、一部の悪質なFX業者によって勧誘行為や証拠金の扱いに関するトラブルが頻発し、 個人の投資家でも安心して取引に参加できる健全なFX市場の確立が望まれるようになりました。


このような状況を受け、FX取引を規制する改正金融先物取引法が2005年7月に施行され、 それと同じく、金融取により上場されたFXの愛称が「くりっく365」なのです。


次のページ >>> くりっく365のメリット

くりっく365の関連記事

このページのトップへ