くりっく365 メリット

くりっく365のメリット

では、「くりっく365」で取引を行うメリットとはどんなものがあるのでしょうか?たくさんありますので、ひとつひとつ見て行きたいと思います。


くりっく365の取扱い業者は厳格な審査をクリアー

取引所取引に直接参加する取扱業者は、金融商品取引法と取引所規則に基づく厳しい資格要件をクリアしているので、安心して取引を行えます。


税法上の優遇措置が受けられる ★重要

2005年度の税制改正で、くりっく365(取引所取引)について分離課税(一律20%)損失の3年間繰越控除、有価証券先物・商品先物との損益通算が認められています。


一方、FX(非取引所取引)では、取引による利益は雑所得に区分され総合課税方式が適用されます(税率は所得により異なり、最高税率は50%)。 また、有価証券先物・商品先物等との損益通算や損失の翌年度以降への繰越は行うことができません。

ここは「くりっく365」の一番の特徴と言うかメリットになると思います。


税率(所得税+地方税)概算表
課税所得金額 くりっく365
(申告分離課税)
非取引所取引
(総合課税)
195万円 以下 一律20% 15%
195万円 超 330万円 以下 20%
330万円 超 695万円 以下 30%
695万円 超 900万円 以下 33%
900万円 超 1,800万円 以下 43%
1,800万円 越 50%

スワップポイントが売り買い一緒の値段 ★特徴

「くりっく365」では、スワップポイントを、受取側と支払側とで同額(一本値)に設定しています(金融取も取扱会社もスワップポイントから利益を得ていないからです)。


これは投資家にとって大きなメリットで、FX(非取引所取引)では、同一通貨ペアの売りと買いを比較して、投資家が支払うスワップポイントの方が多いというケースがほとんどです。


くりっく365は1本値


次のページ >>> くりっく365のデメリット

くりっく365の関連記事

このページのトップへ