くりっく365とは

くりっく365とは


東京金融先物取引所に上場されている為替商品のことを「くりっく365」と呼びます。 正式名称は「取引所為替証拠金取引」と言いますが、こんな名前では浸透しにくいので「くりっく365」という愛称がつけられました。


通常、FX(外国為替証拠金取引)には、公設市場で行われる取引所取引(くりっく365)と、業者との相対で行われる非取引所取引(通常のFX)があります。


非取引所取引は、金融商品取引法の基準を満たした業者であれば取扱ができますが、取引所取引の取扱は、金融商品取引法と取引所の基準の両方を満たした業者のみが参加でき、 その基準はかなり厳しいものです。ですので、FX業者と比較して「くりっく365」の業者の方が信頼性は高いと言えます。


  取引参加者資格要件 金融商品取引会社要件
資本金 3億円以上 5,000万円
純資産 20億円以上 -
自己資本規制比率 200%以上 120%

純資産で20億とかの要件になると、その辺の悪徳業者では絶対に参入できませんよね。ですので、たまにある悪徳業者による被害や、しつこい勧誘を受けることもありません。 「くりっく365」は安心・安全です。


次のページ >>> くりっく365はなぜ生まれたか?

くりっく365の関連記事

このページのトップへ