くりっく365 デメリット

くりっく365のデメリット

売買手数料がかかる(FX業者は売買手数料が0のことろも多い)

最近のFX業者(非取引所)はほとんどが売買手数料を取りませんので、その点で言えばくりっく365(取引所)の方がコスト高に映るかもしれません。


ただ、逆に言うと、私設のFX業者はスプレッドやスワップから利益を得ています。 くりっく365取扱い業者であれ、通常のFX業者であれ企業ですから、利益を追求してあたり前です。要はどちらから取るかだけの話です。


ただ、くりっく365では、複数のマーケットメイカー(有力金融機関)がレート(1通貨単位あたりの円価)を提示し、 そのうちもっともユーザーに有利なレートが気配として採用表示されています。


スワップにおいてもFX業者よりかなり高く設定されています。


以上のことからも売買手数料がかかるからと言っても、それ以外の部分で補えるのであまり不利というわけではないことがおわかり頂けたと思います。

取り扱い業者が限られている

これも言い換えれば、くりっく365に参入するにはそれほど厳格な基準が設けられている証拠だと思います(詳しい基準はこちら)。


次のページ >>> FXとくりっく365は比較してどっちがいいの?

くりっく365の関連記事

このページのトップへ