リスク管理も忘れずに

スワップ取引といえどもFX取引の一種です。外貨預金をしているような安易な気持ちでいると思わぬ損失を被りかねません。やはり、リスク管理が大切です。


まず取引を開始する前に、自分なりのシナリオを描いておくことが必要です。円を売るにしても、どの通貨をどれだけ買って、どのぐらいの期間保有するのか。 レートがいくらの時に買えばいいのか。レバレッジは何倍が適切か等々、基本的なことをきちんと決めておきましょう。


特にレバレッジは大切です。レバレッジの倍率を高くして取引金額を上げ、多くのスワップポイントを稼ごうとするのは危険です。 レバレッジの倍率を上げれば、それに比例してリスクも高くなります。


思い出してください。スワップ取引の基本は高金利通貨を長期間保有することだったはずです。 そうであれば、その間に想定外の相場変動が起こることも考えておかなければなりません。追加証拠金を求められたり、最悪の場合、強制決済されるようでは困ります。 また、高金利通貨には値動きの荒いものが多いですから、その点も考えなければなりません。 以上のことからして、レバレッジは低く抑えることが大切です。 本当に長期で安全に運用するなら、レバレッジは2倍ぐらいが適当です。


また、FXへの投資はリスクを伴うだけでなく、特にスワップ取引は長期間の運用で結果を出そうというものです。 その意味で、生活に必要な資金を使うことは厳禁ですが、余裕資金であってもその全額を注ぎ込むことは危険です。 万が一の場合を考えて、計画的な運用を心がけるようにしましょう。


なお、高金利通貨は上にも書いたとおり、値動きが結構荒いのが特徴です。 予想外の大きな値動きがあっても耐えられるようにするには、レバレッジの倍率を低くするだけでなく、買いポジションを持つタイミングも重要です。


チャート図を検討すれば分かると思いますが、どれだけ人気の高い高金利通貨であっても、年に何回かは大きく下落しているはずです。 為替レートの変動によるリスクを少なくするためにも、できるだけその時点を見定めて買いポジションを持つようにしてください。

スワップ取引基礎知識 関連記事

このページのトップへ