スワップ 稼ぐ

スワップ取引で稼ぐ方法

FX取引の中でも、中長期に適している「スワップ取引」。 この「スワップ取引」にはどんなメリット・魅力があるのでしょうか。


FX取引では、金利の低い国の通貨を売って金利の高い国の通貨を買えば、その差額分をスワップポイントとして貰えます。 このスワップポイントを狙った取引を、特に「スワップ取引」と呼んでいます。 では、どうすればスワップ取引で稼ぐことができるのでしょうか?


まず、金利差を大きくするために、できるだけ高金利の通貨を買う必要があります。いわゆる高金利通貨が人気なのはそのためです。 残念ながら、2008年の世界的な金融危機の影響で、多くの国は軒並み金利を下げてしまいましたが、 それでも南アフリカランドのように高金利の通貨もまだあります。


特に日本では、この10数年来ずっと超低金利の時代が続いていますから、有り難いことにほとんどの国も通貨は、日本よりも高金利の通貨なのです。 スワップ取引に人気が集まるのも当然と言うべきです。


また、スワップポイントは為替レートの変動とは関係なく、低金利の通貨を売って高金利の通貨を買えば毎日必ず貰えるものです。 ですから、スワップ取引をするのであれば、長期間、高金利の通貨を保有して、こつこつスワップポイントを積み上げて行くことが大切です。


確かに、大きなスワップポイントが欲しければ、レバレッジを利かせて取引金額を大きくすることも可能です。 しかし、あまり欲を出してレバレッジの倍率を大きくすると、為替レートがちょっと大きく動いただけで、追加証拠金を求められたり、運が悪ければ強制決済の憂き目を見ることもありえます。 やはりスワップ取引では、レバレッジを低めに抑えるのが賢明です。


さて、FX取引にはリスクが付き物です。スワップ取引は外貨定期預金と似た感覚のものですが、そうかと言って、為替相場の状況に無頓着では大きな損失を被りかねません。 為替相場の暴落で大きな為替差損が出てしまい、貯めこんだスワップポイントを一気に飲み込んでしまうこともあるのです。 特に、2007年のサブプライムローン問題に端を発する世界的な経済危機は、今もなお為替相場に大きな影を落としているのです。


もちろん、スワップ取引は高金利通貨を長期間保有することが基本です。 ですから、特別の事情でもない限り、こまめに為替レートをチェックする必要はありませんが、為替関連の情報やニュースにはそれなりに気をつけておきましょう。 そうすれば大きな相場の変動を見逃すこともないでしょうし、利益確定や損切りのタイミングを逃すこともないでしょう。 ここでも「備えあれば憂いなし」です。

スワップ取引基礎知識 関連記事

このページのトップへ